スタッフブログ

大手ハウスメーカーが集成材を使う理由

2022/06/29(水) 家づくりのこと

大手ハウスメーカーの多くは、構造躯体にも"集成材"を使用しています。"天然無垢材"に比べて1.5倍の強度があると説明しているメーカーもありますが、それは天然無垢材の「未乾燥材」と比較しているのです。天然無垢材は乾燥させるほど強度を増して、未乾燥材の2.5倍までに強くなります。

大手メーカーなどが集成材を使う本当の理由は
「木材を乾燥する手間が必要ない」
「木材乾燥は技術的に難しい」
「乾燥の手間がないので仕入れが安い」
「瑕疵担保保証制度から逃げた」からです。

 

集成材の問題点

集成材は接着剤を使用して、様々な樹種の木材を貼り合わせています。その際使用していたのがホルムアルデヒドを発生させる「レゾルシノール系接着剤」です。これは喘息やアトピー原因のひとつとされています。人体に有害なだけでなく、廃棄する場合、燃焼時にダイオキシンなどの有害化学物質を発生させます。その後、害の少ない「イソシアネート系接着剤」の接着力には問題があり、実際に「剥離事故」による賠償問題も起きています。

2002年2月にはドイツのベルカ工場から出荷された構造用集成材が、2005年3月にも中国から出荷された構造用集成材が剥離を起こしています。

どちらも「日本農林規格(JAS)基準」をクリアした製品だということです。皆さんはいかがお考えになりますでしょうか。

 

記事一覧|2022年6月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ