スタッフブログ

暖炉と薪ストーブの違いとは

2022/04/13(水) 家づくりのこと

暖炉と薪ストーブの違いとは

もともと日本に無かった暖炉と薪ストーブはときおり混同されることがあります。実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

一般的な暖炉の定義

暖炉は建物と一体で作られたものを言います。扉付きのものもありますが、基本的には部屋の中でたき火をする感覚です。暖房も期待しますが日本の囲炉裏のように人が集まる、部屋のシンボル的な意味合いがあります。子供の絵本で煙突からサンタクロースが入ってくるお話がありますね。

薪ストーブの定義

薪ストーブは暖炉の改良品です。燃焼効率を上げながら排気を綺麗にするために作られました。建物から切り離されて設置するものなので、メンテナンスや交換が簡単です。そしてデザインや炎の出方、調理や耐久性などをたくさんの種類から選ぶことができるのです。薪ストーブ「オーロラ」は炎を楽しむために大画面のガラスを採用しています。さらに「オーロラ・アクア」は余熱を利用して離れた部屋の暖房も可能にした、世界でも珍しい薪ストーブです。

記事一覧

1ページ (全11ページ中)

ページトップへ